カナダジャーナルの口コミ評判料金は?カナダ留学ならやっぱりここ?

留学する際に一番知りたいのが、留学先の現地情報ですね!現地の情報量の多い留学エージェントに相談するのがもっとも安心できます。

この記事では、カナダ留学に事業内容を特化!カナダ留学のエージェントならやっぱりここ!1981年創業の実績あるカナダ現地留学エージェント「カナダジャーナル」を徹底調査しています。

カナダジャーナルの口コミ評判、徹底調査した筆者が考えるメリット・デメリット、料金、無料相談の申込方法を分かりやすく解説していますので、参考にしてくださいね。

結論から言うと、口コミ評判に関しては、悪い口コミ評判もありましたが、良い口コミ評判も多く好評なようです!

悪い口コミ評判
  • レスポンスが少し遅い
  • ネットで契約は不安
  • ホームステイ先の問題を相談しても変わらなさそう
良い口コミ評判
  • セミナーが現実味ある話ばかりで参考になる
  • 記事がわかりやすい
  • 無料のTOEIC 模擬試験を受けることが出来る

カナダジャーナルのサービス概要、メリット・デメリットは以下のとおり。

エージェント名カナダジャーナル留学できる国カナダ
留学目的語学留学、海外進学、ワーキングホリデー
主な留学先の目安料金無料見積もり料金に含まれるもの入学金、授業料、宿泊費
手数料無料運営会社Japan Advertising Ltd.
【PR】公式HPhttps://canadajournal.com/
メリット

1.学校手続き、現地サポート無料
2.厳選プログラムをカスタマイズ可能
3.日本人によるきめ細かいサポート

デメリット

1.日本に拠点がなくオンライン対応
2.レスポンスが遅い時がある
 

まずはじめに、カナダジャーナルの紹介動画をご覧ください!

カナダ留学のご相談はカナダジャーナルへ! 【コーポレート動画】
\ 【PR】まずは無料相談!簡単お申込み!/

この記事を読めば、カナダジャーナルがどんな方におすすめかが分かります。

後悔しないように、ご自身・お子さんに合った留学エージェントを選んでくださいね。

✓記事の信頼性・筆者経歴

  • 慶應義塾大学理工学部修士課程修了
  • 外資系コンサルティング会社アクセンチュア元勤務
  • 保持資格はプロフィールご参照
  • 小学生2児の育児中
この記事はこんな人におすすめ
  • ご自身の留学・お子さんの留学を考えている人
  • 自分に合った良い留学エージェントを探している人
  • カナダに語学留学を考えている人
  • 留学エージェントの比較が面倒な人
  • カナダジャーナルについて詳しく知りたい人

カナダジャーナルに相談すれば、次のような事がかないます。

  • 面倒な留学手続きを代行して行ってもらえる
  • 来店する必要がなく、時間を有効に使える
  • カナダを良く知るエージェントで多くの現地情報を知ることができる
  • 古くからある企業、実績十分で安心して頼める
  • 留学で語学レベルが格段にアップし、自分の目標に近づける

留学エージェントおすすめ48社を徹底比較!【2024年最新版】の記事で、留学エージェントを徹底比較していますので、ご参考にしてください。

それでは、カナダジャーナルについて、分かりやすく解説していきますね。

まずは気になる口コミ評判から見ていきましょう!

カナダジャーナルの口コミ評判は?

カナダジャーナルの口コミ評判

ここでは、X(旧twitter)の口コミ評判を紹介しますね。

悪い口コミ評判

カナダジャーナルの悪い口コミ評判は、次の3件です。

悪い口コミ評判
  • レスポンスが少し遅い
  • ネットで契約は不安
  • ホームステイ先の問題を相談しても変わらなさそう

実際の口コミ評判はこちら。

良い口コミ評判

カナダジャーナルの良い口コミ評判は、次の3件です。

良い口コミ評判
  • セミナーが現実味ある話ばかりで参考になる
  • 記事がわかりやすい
  • 無料のTOEIC 模擬試験を受けることが出来る

実際の口コミ評判はこちら。

「レスポンスが少し遅い」「ネットで契約は不安」といった悪い口コミもありましたが、「セミナーが現実味ある話ばかりで参考になる」「記事がわかりやすい」といった良い口コミも多いですね。

それでは続いて、徹底調査した筆者が考えるカナダジャーナルのデメリットについて解説します。

カナダジャーナルの2つのデメリット

カナダジャーナルのデメリットは次の2つです。

デメリット
  • 日本に拠点がなくオンライン対応
  • レスポンスが遅い時がある

順番に解説していきますね。

1.日本に拠点がなくオンライン対応

カナダジャーナルのデメリット1日本に拠点がなくオンライン対応

カナダジャーナルは、カナダ現地留学エージェントで、日本に拠点はありません。

渡航前のエージェントとのやり取りは、メール、LINE、Zoomといったオンライン対応になります。

契約もオンラインでのやり取りになるので、対面でのサービスを希望する方には不向きですね。

留学が初めてで、留学に対して不安をお持ちの人には、日本に拠点のあるサポート十分の無料留学エージェント「留学情報館」「StudyIn」がおすすめです。

参考記事:

留学情報館の口コミ評判料金は?0円留学って本当なのか徹底調査!

本気留学StudyInの口コミ評判・費用は?レアジョブ英会話が無料?

2.レスポンスが遅い時がある

カナダジャーナルのデメリット2レスポンスが遅い場合がある

悪い口コミにありましたが、レスポンスが少し遅い時があるようです。

手数料が無料とは言え、これは心配ですね。

コロナ禍で、留学自体の数が減り、スタッフも削減していた時期だったのかもしれません。

コロナも落ち着き、留学数も増え始めれば、対応も改善されていくでしょう。

カナダジャーナルでは、無料相談を実施しているので、相談の際にそのあたりの雰囲気を掴むのが良いでしょう。

対応が改善されていないようであれば、別エージェントを検討するのが良いですね。手数料無料なので、被害はまだ最小限です。

それでは続いて、メリットも見ていきましょう。

カナダジャーナルの3つのメリット

カナダジャーナルのメリットは、次の3つです。

メリット
  • 学校手続き、現地サポート無料
  • 厳選プログラムをカスタマイズ可能
  • 日本人によるきめ細かいサポート

1.学校手続き、現地サポート無料

カナダジャーナルのメリット1学校手続き、現地サポート無料

カナダジャーナルでは留学相談はもちろん、学校の手続き代行、現地でのサポートなどすべて無料です。だから安心して留学サポートを受けることができます。

予算に応じてプログラムをカスタマイズして提案してくれるので、高額な見積もりを見て驚く心配はありません。

カナダ現地でいよいよ留学生活が始まった後は、カナダ現地のスタッフが無料サポートを提供。

オフィスの利用や荷物のお預かりサービス、英会話レッスンや仕事探しやシェアハウス探しに役立つ各種セミナーまで、充実の無料サポートで安心の留学生活を送ることができます。

ここで、無料サポート、有料サポート、ご自身でやる事を整理しておきましょう。

無料サポート有料サポートご自身でやる事
学校の申込手続きホームステイ手配航空券手配
現地オフィス利用料ホームステイ滞在海外旅行保険手配
カナダ全土の語学学校、カレッジの紹介空港送迎 
カナダ到着後のオリエンテーションビザ代行申請 
命に関わるような緊急時に限り24時間対応可能  
渡航前英会話レッスン  
渡航までに必要なスケジュール管理  
提携手配会社より格安航空券情報案内  
提携手配会社より海外旅行保険情報案内  

2.厳選プログラムをカスタマイズ可能

カナダジャーナルのメリット2厳選したプログラムのみ紹介、カスタマイズも可能

カナダジャーナルは年間1,000名以上の留学生が利用しています。

毎年たくさんの留学生の声を基に評判の良い学校をランキング形式で選出していて、最新の学校の情報や評判を元に最適な学校、プログラムを案内してくれます。

数年前のパンフレットやだれがいつ書いたかわからないネット上の書き込みではなく、現地にいるからこそ入手できる体験談を基にしたプロの目から見て最適な提案です。

留学の目的は十人十色で、誰一人として同じではありません。

カナダジャーナルが提案するのはあらかじめ決められた留学パッケージではなく、個々のゴールを達成するためにカスタマイズしたオリジナルの留学プランです。

予算に応じながら理想の留学を実現することができます。

どんな学校、プログラムがあるのか、以下のセミナー動画が参考になります。

■Cornerstone College共催セミナー

Cornerstone College共催セミナー 2020年 9月18日(金)

■【高校・中学留学】Abbotsford School Board 共催Webinar

【高校・中学留学】Abbotsford School Board 共催Webinar

3.日本人によるきめ細かいサポート

カナダジャーナルのメリット3日本人によるきめ細かいサポート

留学生のほとんどはひとりでの留学です。

初めての海外生活で不安な留学生も多いですが、到着後すぐに行われるオリエンテーションや、専任の現地カウンセラーのアドバイスなどですぐに不安も解消!

日本人によるきめ細かいサポート体制で留学生活に専念できるようにバックアップしてくれます。

カナダ留学のことは、カナダ現地に住むプロに聞くのが一番。

創業40周年の現地エージェントだからこその蓄積された知識で、留学に関する疑問や不安も解決します。

さらに、学校のプログラムや現在の授業の様子まで、実際に足を運んで確認している最新の情報を提供してもらえます。

\ 【PR】まずは無料相談!簡単お申込み!/

続いて、カナダ留学をされた方の体験動画をご紹介します。

カナダ留学をされた方の体験動画のご紹介

この章では、ご参考に実際カナダ留学をされた方の体験動画をご紹介しますね。

※カナダジャーナルを使って留学した方の体験という訳ではありません。

これを観れば、カナダ留学ってどんな感じなのかイメージが湧きますよ!

■カナダ留学🇨🇦| 初日から携帯が使えなくなった留学生vlog

カナダ留学🇨🇦| 初日から携帯が使えなくなった留学生vlog 🎞|

■カナダ留学🇨🇦| ホームステイ初日のリアルすぎる現状vlog

カナダ留学🇨🇦| ホームステイ初日のリアルすぎる現状vlog 🎞|

■【ワーホリ】給料大公開!カナダで働いたら給料高すぎた【留学】

【ワーホリ】給料大公開!カナダで働いたら給料高すぎた【留学】

■【カナダ社会人留学】留学して分かった5つのこと

【カナダ社会人留学】留学して分かった5つのこと

カナダ留学がどんな感じなのか、イメージできましたでしょうか?

それでは、カナダジャーナルに相談する事で、本当に効果があるのか解説しますね。

カナダジャーナルに相談する効果は?

カナダジャーナルに相談する事で、どんな効果があるのでしょうか?

本当に効果があるのかが一番気になる点かと思います。

公式サイトに、利用者の声が公開されていますので、効果を探ってみましょう!

AKさん

学校名: Sprott Shaw Language College (SSLC)

時期: 2023年4月~3ヶ月

入国する前からの手続きや、慣れない海外渡航で不安なときに、相談をしたら即対応していただきました。

カナダジャーナルさんを通して、カナダに来て本当に良かったと痛感しております。こんなに親身に何でも対応してくださるエージェントは他にないと思います。

誰かにおすすめするなら、必ずカナダジャーナルさんをおすすめしたいです。

(出典元:カナダジャーナル公式サイト

RKさん

学校名: International Language Academy of Canada (ILAC)

時期: 2022年11月~1ヶ月

レジュメの印刷やタックスリターン、旅行の予約の仕方など、いろいろとサポートしていただき、本当に助かりました。

クラス変更の際に、親身になって相談に乗ってくれました。

(出典元:カナダジャーナル公式サイト

HKさん

学校名: Global Village | グローバルビレッジ

時期: 2023年2月~8ヶ月

現地サポートがあることが非常に心強かったです。

実際に家探しのサポートや、趣味で行っていたサッカーチームを探す手伝いもしていただきました。出国前は時差の都合があるものの、迅速かつ丁寧に対応いただき、無事に留学生活を送ることができています。

特に最初は、学校で相談したくても英語では伝えられないことがあるので、安心できました。

(出典元:カナダジャーナル公式サイト

NYさん

学校名: Kaplan International Vancouver / Toronto

時期: 2023年4月~3ヶ月

最初のカウンセリングの段階から、本当にお世話になっております。

一度ビザの申請が却下されたときも迅速に対応していただき、無事にバンクーバーで生活できています。

バイト探しなど学校以外のことについても、非常に親身になって話を聞いてもらえたと友人から聞きました。

(出典元:カナダジャーナル公式サイト

EAさん

学校名: LCI Language School

時期: 2023年3月~1ヶ月

初めて長期で海外に滞在するため不安しかなかったのですが、オリエンテーションなどでしっかりサポートをしてもらえました。

分からないことを聞いても、すぐにレスポンスがあって安心しました。

(出典元:カナダジャーナル公式サイト

「相談をしたら即対応」「現地サポートが心強い」「親身に話を聞いてもらえた」と、確実に効果を実感されているようです!

それでは、本当に0円留学なのか料金を見ていきましょう。

カナダジャーナルの料金は?

カナダジャーナルの料金

メリットの章でも説明したとおり、ホームステイ関連、空港送迎、ビザ代行申請などの有料サポート以外はすべて無料です。

有料サポートの手続きを自分でやれば、0円留学と言えますね。

次に、カナダジャーナルではキャンペーンを実施しているのか、確認しましょう!

カナダジャーナルではキャンペーンを実施してる?

2024年6月の時点で、カナダジャーナルでは、キャンペーンを実施していません。

カナダジャーナルでは、定期的にお得な割引キャンペーンやキャッシュバックを実施していますので、キャンペーン情報が入りましたら、この章でご紹介しますね。

続いて、カナダジャーナルの会社概要について解説します。

カナダジャーナルの会社概要は?

カナダジャーナルの会社概要は、以下のとおりです。

会社名Japan Advertising Ltd.
サービス名カナダジャーナル
事業内容留学相談、入学手続き代行、現地サポート、ワーキング・ホリデー相談
創立1981年4月
資本金11万ドル
従業員数15名
代表者青木隆道(代表取締役社長)
住所Suite 403, 602 West Hastings Street, Vancouver, BC, V6B 1P2
電話番号(604) 688-0303
ホームページhttps://canadajournal.com/
取引銀行Bank of Montreal

次に、カナダジャーナルで対応している留学可能な国、学校について、解説しますね。

カナダジャーナルで対応している国、学校は?

カナダジャーナルで対応している国、学校

カナダジャーナルで対応している国は、その名の通りで、カナダの1国のみです。

学校は現在84校に対応しています。

ここでは一部をご紹介します。他の学校に関しては、公式サイトをご確認くださいね。

学校名分類特徴詳細
Canadian College of English Language語学学校アットホームな学校学校の教材はパソコンかタブレット端末を使用し、授業を展開していく。
Vancouver International College(VIC)語学学校スピーキング力UPに強い学校一番人気の発音矯正クラスでは、鏡を見ながら口の動かし方・音の出し方を学び、生徒1人1人に対し正しい発音に矯正
LSI Vancouver語学学校多国籍な学校1クラスが少人数制のため、生徒と講師の距離が近い環境
InternationalLanguage Academy of Canada(ILAC)語学学校総合的な英語力をつける学校初級~中級レベルの方は、多国籍なクラスメートたちと友達になり、楽しく授業を受けたい方に向いており、卒業生からの感想は「とにかく楽しかった!」という声が多い
Kaplan International Vancouver / Toronto語学学校アカデミックな学校20年以上にわたり質の高い英語教育の水準を保ち、革新的な教授法で国際的にも高い評価を受けてきた学校
VGC International College語学学校アクティビティに定評のある学校VGC International Collegeは総合英語はもちろんのこと、特にIELTSやTOEFLなどといった試験に強い学校
British Columbia Institute of Technology(BCIT)カレッジビジネス系創業1964年、約5万人が在籍する公立工科大学
Tamwood Careersカレッジホスピタリティ系ビジネスやホスピタリティ、IT系、起業家プログラムなどを提供する専門学校(カレッジ)
Canada International Royal Arts College(CIRA)カレッジアート系ウェブ開発の競争力が高いバンクーバーで活躍している地元企業と協力関係を築き、優秀なウェブデザイナーを多く輩出
Canada Collegeカレッジチャイルドケア系創立40年以上の歴史を持つ教育機関で語学学校と専門学校(カレッジ)の2つから成る
Comox Valley School District高等学校自然豊かなエリア多様性を受け入れ、人間関係を育み、すべての学習者が世界にプラスの影響を与えることができるようにする包括的な学習環境を提供

それでは続いて、留学までの流れについて解説します。

留学までの流れ

カナダジャーナル留学までの流れ

ここでは、カナダジャーナルの留学までの流れについて解説します。

次の11ステップになります。

STEP作業作業者内容
1お問い合わせお客様ウェブサイトのフォームよりお問い合わせ
2無料相談お客様
カナダジャーナル
カウンセリングの上、留学プラン作成
3お申し込みフォーム記入お客様オンラインで申込手続き
4デポジット支払お客様$500のデポジットの支払
5学校・ホームステイ手配カナダジャーナル学校・ホームステイの手配開始
6ご請求書発行カナダジャーナル申込内容をまとめ請求書の発行
7お支払いお客様請求金額のお支払い
8入学許可書発行カナダジャーナル学校への支払後、入学許可書発行
9ビザ申請お客様ビザ申請
(有料サポートあり)
10保険・航空券手配お客様保険・航空券手配(無料で情報提供)
11渡航前案内送付カナダジャーナルメールで渡航前案内送付

さて、カナダジャーナルに関して色々と解説してきましたが、まだ不明点があると思いますので、次の章のよくある質問で疑問点を解消しましょう。

【Q&A】カナダジャーナルに関するよくある質問9選

【Q&A】カナダジャーナルに関するよくある質問10選

この章では、Q&Aの形式でカナダジャーナルに関するよくある質問について解説しますね。

Q
カナダジャーナルは、どのような学校の留学入学手続き代行を行っているのですか?
A

語学学校、公立大学、短大、公立・私立専門学校(カレッジ)、高校・中学の入学代行を行っています。

Q
支払いはカナダドルですか?
A

支払いはカナダドル建てで銀行送金となります。

申し込み後、請求書が発行され、カナダジャーナルの銀行口座明細のお知らせが来ます。

送金の手数料はお客様のご負担です。

Q
有料で行っている留学エージェントとサービスの点で違いはありますか?
A

いいえ、ありません。

学校へ生徒さんの入学手続きまでのお手伝いをしたことで、後日、学校から謝礼がカナダジャーナルに入ります。

このシステムによって、お客様は何のお金も払う必要なく、さまざまなサービスを無料で受けることができます。

Q
語学学校の申し込みは、どのくらい前にすればいいですか?
A

ホームステイ等を希望している場合は、最低で1カ月前には申し込みが必要です。

特に夏季の繁忙期は、留学希望者が大変多く航空券もとりにくい上、ホームステイも大変混み合いますので、できるだけ早めの申し込みがお勧めです。

Q
留学には学生ビザは必要ですか?
A

6カ月までの留学は、学生ビザは必要ありません。

6カ月以上の留学は、日本にあるカナダ大使館または領事館で学生ビザの申請が必要となります。

ビザ発給までの期間は、約1カ月はみておいた方がいいでしょう。

Q
高校プログラムや大学編入プログラム等を扱っている学校はありますか?
A

カナダジャーナルと提携を結んでいる学校には、カナダの高校や大学編入プログラムを行っているところもあります。

時期や場所によって、おすすめの学校が変わったりしますので、カナダジャーナルに相談しましょう

Q
語学学校の日本人の割合はどの位ですか?
A

語学学校の場合、学校にもよりますが、夏の時期は特に日本からの学生数が増えます。

学校によっては、 各国の学生の割合が偏らないように国籍制限を設けている学校もあります。

カナダの学校には、日本を始め、韓国、南米、ヨーロッパなど世界各国から留学生が集まってきます。

Q
カナダジャーナルMAGについて教えてください。
A

カナダジャーナルMAGは、カナダ留学の情報マガジンで、カナダ留学に関する様々な情報を発信する留学ジャーナルです。

ブログ記事のように、「バンクーバーでのアルバイトの探し方!おすすめの求人サイトは?」や「【11月限定】カナダ留学費用がお得になるチャンス!プロモーション割引」など、カナダ留学を検討中の方に役立つ情報を掲載しています。

Q
解約方法について教えてください。
A

カナダジャーナルとの契約を解約するには、書面を提出する必要があります。

解約手続き後、所定の解約料を減額した上で残金が発生した場合、返金されます。

疑問が解消されたところで、カナダジャーナルに相談すれば、あなたの未来にどんなベネフィットがあるのか見ていきましょう。

カナダジャーナルに相談すれば・・・

カナダジャーナルに相談すれば

カナダジャーナルに相談すれば、次のような事がかないます。

  • 面倒な留学手続きを代行して行ってもらえる
  • 来店する必要がなく、時間を有効に使える
  • カナダを良く知るエージェントで多くの現地情報を知ることができる
  • 古くからある企業、実績十分で安心して頼める
  • 留学で語学レベルが格段にアップし、自分の目標に近づける
\ 【PR】まずは無料相談!簡単お申込み!/

まずは自分に合った留学エージェントか無料相談で確認しましょう。

次の章で、無料相談の申込方法を解説しますね。

カナダジャーナルの無料相談の申込方法

カナダジャーナルの無料相談の申込方法

カナダジャーナルの無料相談申込方法は、簡単3ステップ!

※筆者は、携帯をダークモードで使用しているため、画面イメージがダークですが、ライトモードで使用されている方は、画面イメージは白っぽくなります。

「無料相談」申込手順
  • STEP1
    下の緑のボタンを押してカナダジャーナルの公式サイトにアクセスし、画面下の「無料相談のご予約・お問い合わせ」ボタンをクリックします。
    \ 【PR】まずは無料相談!簡単お申込み!/
    カナダジャーナル申込手順1
  • STEP2
    お名前、メールアドレス、ご希望の滞在ビザ、相談内容等を入力し、「送信」をクリックします。
    カナダジャーナル申込手順2
    カナダジャーナル申込手順3
  • STEP3
    送信完了画面が表示されれば、申込完了!
    カナダジャーナル申込手順4

カナダジャーナルの担当者から、48営業時間以内にメールで連絡が来ますので、お待ちください。

また、登録したメールアドレス宛に無料相談申込完了メールが届いていますので、後で確認してくださいね。

上記申込手順をもとに、お申し込みはできましたでしょうか。

人生を左右する留学だから留学エージェントを決める際は、他のエージェントもしっかり確認しましょう。

次の章で、おすすめ留学エージェント10選をご紹介します。

おすすめ留学エージェント10選

この章では、おすすめ留学エージェント10選をご紹介します。

いくつか無料カウンセリングを受けてみて、自分に合った留学エージェントにお願いするのが良いでしょう。

「StudyIn」「留学情報館」「SchoolWith(スクールウィズ)」の3社は、渡航費、滞在費、学費などのトータル費用の最低価格保証のサービスがあります。

可能な限り費用を安く抑えたい方は、各社から見積もりを取得し、値下げ交渉することをおすすめします。

■【PR】留学エージェント10選

エージェント名をクリックで公式サイトへ、詳細記事クリックで詳細記事へ遷移できます。

留学エージェントおすすめ48社を徹底比較!【2024年最新版】の記事で、留学エージェント48社を徹底比較しています。

安い留学エージェントおすすめ5選を徹底比較!ランキング1位は?の記事で、安い留学エージェントおすすめ5選を5つの項目で比較し、ランキング形式でご紹介しています。こちらの記事も参考にしてくださいね。

ここまでカナダジャーナルに関して、解説してきました。

最後に、本記事についてまとめておきますね。

カナダジャーナルの口コミ評判料金は?カナダ留学ならやっぱりここ?まとめ

カナダジャーナルの口コミ評判料金は?カナダ留学ならやっぱりここ?まとめ

今回は、カナダジャーナルの口コミ評判料金は?カナダ留学ならやっぱりここ?と題して、カナダジャーナルについて書きました。

ぜひ、他の留学エージェントと比較してみてください。

無料相談に申し込んでみようと思った方は、上記申込方法を参考に申し込んでみてくださいね。

留学相談後、無理な勧誘は一切ありませんよ。

大人気な留学エージェントなので、お申し込みはお急ぎくださいね。

ここまで読んで頂けたのなら、後は行動するだけです。

本ブログ「スグナラ~今すぐ始める習い事・資格取得」をきっかけに、習い事を始めてみて下さいね。

\ 【PR】まずは無料相談!簡単お申込み!/

最後に本記事の内容をまとめておきますね。

  • カナダジャーナルは、カナダ留学に事業内容を特化しているので、カナダ留学のエージェントならやっぱりここです!
  • 「レスポンスが少し遅い」「ネットで契約は不安」といった悪い口コミもあるが、「セミナーが現実味ある話ばかりで参考になる」「記事がわかりやすい」といった良い口コミも多い
  • カナダジャーナルの2つのデメリット
    1. 日本に拠点がなくオンライン対応
    2. レスポンスが遅い時がある
  • カナダジャーナルの3つのメリット
    1. 学校手続き、現地サポート無料
    2. 厳選プログラムをカスタマイズ可能
    3. 日本人によるきめ細かいサポート
  • カナダジャーナルの料金は、ホームステイ関連、空港送迎、ビザ代行申請などの有料サポート以外はすべて無料
  • 無料相談申込方法は、簡単3ステップ
  • おすすめ留学エージェント10選のご紹介
  • カナダジャーナルに相談すれば、次のような事がかないます
    • 面倒な留学手続きを代行して行ってもらえる
    • 来店する必要がなく、時間を有効に使える
    • カナダを良く知るエージェントで多くの現地情報を知ることができる
    • 古くからある企業、実績十分で安心して頼める
    • 留学で語学レベルが格段にアップし、自分の目標に近づける

留学エージェントおすすめ48社を徹底比較!【2024年最新版】の記事で、留学エージェントを徹底比較していますので、ご参考にしてください。

石原さとみさんの習い事~英語・英会話~おすすめの勉強法・教室は?の記事で、英語・英会話が将来的にまだ必要なのか?デメリットは何かについて書いています。ご参考にして下さいね。